てがみ。

字が書けるようになり、自分の思いを文字で書きあらわす喜びを知った頃から、毎日のようにくれる娘からのお手紙です。


文面はいつも同じ。

「おかあさんへ

   おかあさん だいすきだよ

   りんより」

全然ボキャブラリーないけど、

この文を書く時に

いつもこう思って書いてるんやろなと思う。

それが伝わっていつもグッときます。

自分の子供だからかな。

でも、音楽も同じ。

シンプルに、

「聴いてくれるあなたに伝えたい事はなんだろう」

そこを核にもっていることが一番大事なんだろな。

(Facebookより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA